ミノキシジルタブレットでも初期脱毛は起きるか

脱毛 AGAの治療で良く用いられているフィナステリドでは初期脱毛と呼ばれる症状が起こる事があるのですが、では同じくAGAの治療で良く用いられているミノキシジルタブレットでも初期脱毛は起こるのでしょうか。
そもそもAGAによって脱毛が起こっている場合には、ヘアサイクルが正常に働いていないことが原因で髪の毛の成長も正常にできなくなってしまいます。
ですので、フィナステリドはもちろんですがミノキシジルタブレットであっても、そのヘアサイクルを正常に戻すことで髪の毛の成長を促していきます。

ミノキシジルタブレットを服用することで、頭皮に行き渡る血液量が増えていきますので、その結果として毛母細胞の分裂が促されて、毛乳頭が活性化したりし発毛が促されます。
そして、毛根の下には次に生えてくる髪の毛が待機している状態になりますので、前に生えていた不健康な髪の毛はどんどんと押し出されることになります。
ヘアサイクルを正していくと、使用を始めて間もない期間は見た目的には急激に抜け毛が増えたように感じてしまうのです。
これを初期脱毛と呼びますが、これは説明をした通りヘアサイクルが正常になっていく過程で起こる脱毛症状のため問題はありません。
しかし原因を知らないでいるとミノキシジルタブレットを使用して、抜け毛が増えたと勘違いをしてしまう恐れがあります。

初期脱毛と呼ばれる症状はフィナステリドで起きることは有名ですが、ヘアサイクルを正常に戻して発毛を促すというミノキシジルタブレットであっても、当然同じ原因によって初期脱毛は起こる可能性があります。
ですので、フィナステリドやミノキシジルタブレットに限らずヘアサイクルを正常に戻すことで発毛を促す育毛剤であれば全ての育毛剤で初期脱毛が起こる可能性はありますが、これはあくまでもヘアサイクルが正常に戻る過程で起こる症状ですので、そのことを理解した上で使うようにしてください。

育毛剤使用時の初期脱毛はある程度諦める

ミノキシジルタブレットであっても、フィナステリドの副作用として起こる初期脱毛が起こる可能性はありますが、これは乱れたヘアサイクルを正常に戻すことが原因で起こりますので、仕方ない症状になります。
ですので、ヘアサイクルを正常に戻す方法で育毛を試みる育毛剤を使用する場合には、初期脱毛が現れることはある程度は覚悟しておいた方が良いでしょう。
では避けることのできない初期脱毛はどの程度の期間で、どの程度の症状が現れるのでしょうか。

まず、初期脱毛と呼ばれることからも、使用を初めてすぐに期間に現れる症状ですが、1日あたり数十本の人もいれば、中には1日あたり300本から400本の毛が抜ける人もいるほど個人差があります。
個人差が生まれる原因ですが、初期脱毛はヘアサイクルを正常に戻す過程で、不健康な毛が抜けていくことで起こりますので、不健康な毛が多ければ多いほど初期で抜ける毛の量は多くなります。
また、成長が不十分な毛が多い為、毛の太さは細く長さも短い毛が抜けることが多くなっています。症状が現れる期間ですが、これはミノキシジルタブレットを飲み始めて約1か月から2か月の間に始めることが多いです。
また毛が抜ける期間が1週間から長くても1か月程度で終わりますので、それ以降は抜け毛が減っていき、発毛効果も実感できるようになります。

初期脱毛は使用を始めて初期の段階で起こり、不健康な毛が抜けきれば終了しますので、始まる期間と終了する期間は比較的分かりやすいのが特徴です。
ですので、初期脱毛と思われる症状が2か月以上も続くようであれば、それは初期脱毛とは異なる原因で脱毛が起きている可能性がありますので、使用を中止して医師に相談してください。