ミノキシジルのタブレットは女性も服用可能

驚く女性 ミノキシジルタブレットは、発毛効果が高い薬として人気があります。ですが、何となく薄毛というキーワードから、男性しか使用出来ないのではないかと思われがちです。
ところが、実はそんな事はなく、女性が服用しても問題ありません。ミノキシジルタブレットは、女性に対する発毛効果も認められていますので、女性で薄毛に悩んでいる人でも、使用する事が可能です。
女性が服用する場合には、必ず男性の服用量よりも少なくするようにしましょう。また、服用の際には、副作用が起こるデメリットもあります。
まず、ミノキシジルタブレットの代行的な副作用のひとつに、多毛症があります。体毛が増えてしまいますので、女性にとって大敵となるムダ毛が目立つ可能性があります。

また、ミノキシジルが高血圧用に開発された薬ということもあり、逆に使用することで、低血圧を招く可能性があります。普段から低血圧や貧血に悩んでいる女性が服用する場合には、控えたほうが良いでしょう。
実際にミノキシジルタブレットを服用してみて、めまいや頭痛、動悸などが起こった場合には、合っていない可能性がありますので、無理に続けないようにしましょう。

そして、一番気をつけなくてはいけないのが、ミノキシジルタブレットは女性でも服用可能ではありますが、妊娠や出産後の授乳中は服用しないようにしましょう。
妊娠中は胎児への影響が危惧されておりますし、授乳中も、母乳を通して乳児がミノキシジルを摂取する可能性があります。
出産後は、ホルモンバランスの影響から、髪の毛が一気に抜け落ちてしまうこともあり、どうにかして薄毛対策をしたいと考える女性も多いのですが、胎児への影響を考えて、ミノキシジルタブレットを使うのは、授乳が終わってからにしましょう。
このように、女性にとってはデメリットとなる副作用もありますが、使用できないわけではありませんので、薄毛が気になる人は是非試してみることをおすすめします。

フィナステリドを女性が使用するとどうなる?

薄毛の治療薬には、ミノキシジル以外にもフィナステリドがあります。ですが、フィナステリドが効果を発揮するのは男性の薄毛に対してのみであり、女性が使用すると危険な場合があります。
フィナステリドは、男性ホルモンに作用するため、使用対象は成人男性となっています。そのため、女性が使用したとしても、薄毛の改善効果は見込めないとされています。

男性と女性の薄毛のメカニズムが根本的に異なります。生活習慣の乱れや女性ホルモンの減少が原因で起こる薄毛に対して使用すると、思わぬ副作用が出る可能性があります。
中でも一番気をつけなくてはいけないのが、妊娠中です。妊娠中は、フィナステリドに触ることすらいけないと言われています。
その理由は、フィナステリドは触るだけでも、経皮吸収をしてしまうからです。皮膚からフィナステリドの成分を吸収してしまい、胎児に影響を及ぼす可能性があります。
お腹の中にいる赤ちゃんが男の子だった場合、生殖機能の発達異常を起こす可能性が高くなります。フィナステリドが抑制するDHTは、男性の生殖器を形成するための重要な物質であり、胎児期には必要不可欠な物質です。

そのため、妊娠中の女性や、これから先の将来で、赤ちゃんを産む予定がある女性は、フィナステリドを服用することで、思いがけなかった悪影響を及ぼしてしまう可能性が出てきます。
ですので、フィナステリドを使った薄毛治療だけは絶対にしないようにしましょう。その点、ミノキシジルタブレットであれば、副作用は無いわけではありませんが、フィナステリドのような危険度はありません。
薄毛治療を考えているのであれば、まずはしっかりと身体に良いのかどうかというのをチェックしてから始めるようにしましょう。