フィナステリドとミノキシジルは併用できる?

薬の飲み合わせについて注意する医師 医薬品には飲み合わせというものがあり、不用意に複数の薬を併用すると、効果を打ち消しあって効かなくなったり、予想外の副作用が現れたりすることがあります。
反対に効果が高まる場合もありますが、たとえば高血圧の薬が効きすぎて、低血圧で危険な状態になったりすることもあります。複数の薬を一緒に使用するときには、成分同士の相互作用を十分に検証しなければなりません。

ミノキシジルとフィナステリドは、どちらもAGAを改善する発毛・育毛薬として、学会が効果を認めた成分です。この2種類の医薬品は、作用機序が全く異なっているため、互いに相互作用を及ぼすことがありません。
したがって、ミノキシジルとフィナステリドを併用することは可能です。
むしろ効果が高まると考えられており、多くのAGA治療専門クリニックでは、2種類の薬を積極的に併用しているほどです。薄毛の治療に関しては、効果が高まることで困る人はいません。

少し詳しく見ると、ミノキシジルはもともと血管拡張剤として用いられていた薬で、頭皮の血行を促進し毛乳頭に酸素や栄養を運んで発毛を促進します。
一方のフィナステリドは、もともと前立腺肥大症の治療薬で、男性型脱毛症の原因となるジヒドロテストステロンの生成を防ぐ作用があります。
フィナステリドが抜け毛の原因を止め、ミノキシジルが新たな発毛を促すという相補関係にあり、併用すれば効果が高まると期待できます。

ミノキシジル製剤の多くは外用薬として用いられますが、フィナステリドは内服薬なので、お互いの成分が胃の中で混ざり合うこともありません。ただしミノキシジルには内服薬もあって、個人輸入などで利用している方もいます。
こちらは外用薬よりも副作用の可能性が高いと言われており、安易に併用することはお勧めできません。
あくまで自己責任となりますが、どうしても併用したい場合は、AGA治療専門のクリニックで相談してからのほうが良いでしょう。

いきなりの併用は避け、まずは片方ずつ試そう

すべての医薬品は体質に合う人と合わない人があり、発毛・育毛薬も例外ではありません。また副作用の現れ方も、人によってかなりの差があります。
フィナステリドは女性が使用することはできず、また遺伝的にあまり効果が出ない方もいます。ミノキシジルは元が降圧剤なので、高血圧の治療薬と併用すると悪影響が出る可能性があります。

ミノキシジルの副作用としては、外用薬に共通した頭皮のかゆみやかぶれのほかに、頭痛や倦怠感などが挙げられます。フィナステリドの副作用としては、勃起障害や精力減退・精子の減少などが有名です。
もちろん、大部分の方は副作用を感じないで利用していますが、何か異変があったら使用を中止して、すぐに医師を受診することが大切です。
ミノキシジルとフィナステリドを併用したからといって、副作用の危険が高まることはありません。しかし掛け算にはならなくても足し算にはなり、両方のリスクを同時に背負うことになります。
いきなり併用して副作用が現れた場合、どちらの薬が悪影響を及ぼしているのか、判断できない可能性があります。反対に発毛効果が現れた場合も、どちらがより良く効いているのか分からなくなります。

ミノキシジルは効かないがフィナステリドは良く効くという人もいれば、その反対の人もいます。人間の体質はそれぞれなので、自分に合った薬を見極める必要があります。
そうした意味でも、いきなり両者を併用することはお勧めできません。まずは片方ずつ試してみて、効かなければ切り替えてみる、どちらもイマイチなら併用してみるといった使用法が望ましいでしょう。
医薬品を慎重に使用することは、副作用のリスクを最低限に抑えることにも繋がります。