ハゲ隠しに必須だけど育毛中は整髪料使用禁止?

整髪料 薄毛が気になっている部分に量が多い部分の髪と整髪料を利用してできるだけ薄毛を隠したいと考える人は少なくありません。病院で薄毛治療中の人でも高いカツラを購入する必要もなく、悪いことではありません。
そもそも市販されている整髪料に配合されている“界面活性剤”は髪を柔らかくする作用があり、髪が整えやすいというメリットがあります。
しかし使いすぎると下記3つのような原因からさらに薄毛が進行してしまう可能性があります。

  • ・界面活性剤をはじめとした成分が頭皮の毛穴を塞いでしまい、髪が頭皮から十分な栄養を受け取れずに栄養不足になるため
  • ・界面活性剤が髪を柔らかくするということは主成分のタンパク質を破壊しているということ。頭皮も同じタンパク質からできており、浸透すると炎症を起こす可能性があるため
  • ・整髪料があることで多少なりとも頭皮がベタつき、ホコリや汗などが付着しやすくなるため

整髪料が原因で薄毛をさらに進行させないために、毎日のシャンプーではしっかりと落とさなければなりません。
そもそも薄毛の症状がひどい人の頭皮は健康的とは言えません。
現在使っているシャンプーにアルコール系(硫酸という成分)の洗浄成分が使われているものを使い続けると、刺激が強すぎることが原因で薄毛がさらに進行してしまう可能性があるため、育毛のためには髪や頭皮に優しいアミノ酸系に変えてみることをおすすめします。
シャンプーは手のひらでしっかりと泡立てた後、頭皮につけてから両手の指を使っても見込むように洗います。これで界面活性剤などの汚れをしっかりと落とすことができ、頭皮も刺激されて血流がよくなります。
シャンプーをした後は洗った時間以上をかけてしっかりとすすぎ、タオルで水分をとってからドライヤーで乾燥させましょう。
また、整髪料は朝使うという人が多いです。夜の入浴時にはシャンプーをせず、朝シャンしかしていない人もいるようですが、髪が成長するのは夜寝ている時です。就寝中には髪と頭皮がキレイになっていることが育毛のためには大切です。

頭皮に付けても大丈夫な整髪料がスカルプDから発売

育毛のためには整髪料の使い過ぎはよくないといっても、薄毛を隠すために使わないわけにはいかず、頭皮につかないように使うのも難しいです。

そんな人におすすめしたいのが、頭皮につけても問題ない、界面活性剤フリーの整髪料が販売されています。
具体的にはテレビCMでもおなじみのアンファー株式会社から販売されているスカルプDやDスタイルは界面活性剤をはじめとした髪や頭皮によくない成分は使われておらず、できるだけ天然の植物成分が配合されています。
髪や頭皮に刺激が少ないので、これが原因で薄毛になる心配はほとんどありません。
髪を整える成分だけでなく、頭皮や髪をケアする育毛成分も含まれていて、使う度に健康な髪を育てることができます。
つまりスカルプDやDスタイルがあれば、使いすぎると薄毛の原因となる育毛剤をわざわざ購入して別途利用する必要もないということです。

ただしどんな整髪料でも使った日にはシャンプーは必要です。つまりスカルプDやDスタイルを使った日でもしっかりとシャンプーは行いましょう。
そして薄毛の原因となった生活習慣(食生活の乱れや睡眠不足、ストレス、運動不足など)を改善していくことも重要です。さらには症状があまりにもひどい人は一度病院で治療を受けることをおすすめします。

スカルプDやDスタイルは市販品の中では少し値段も高めです。また店頭では入手しにくい人はアンファーの公式サイトからの購入がおすすめです。
公式サイトで用意されたスカルプDやDスタイルの定期コースなら通常よりもお得な価格で入手でき、わざわざ注文しなくても毎回自動で配送してくれます。
値段が少し高めでも薄毛の心配がほとんどないなら使いたいと思う人が多いのではないでしょうか?