ミノキシジルタブレットの効果は?副作用が危険?

薄毛の男性 男性を中心として薄毛やハゲに悩む人が多く愛用している育毛剤には、近年様々な種類があります。
成分や特徴も様々な育毛剤ですが、その中でも特に効果が高いとされ注目されているのがミノキシジルタブレットです。
このタブレットは愛用者の間では「ミノタブ」と呼ばれ、ミノタブは効果が高いと繰り返し使用するリピーターが多いです。
ミノキシジルタブレットは、ミノタブと検索すればインターネットで簡単に買うことができるため便利です。
効きもしない育毛剤や、高額な育毛サロンに比べるととてもお手ごろな価格で、しかも高い効果を得ることができるのですから試してみるほかありません。
タブレットタイプであるミノタブは口から飲むので、確実に吸収され頭皮までしっかりと成分が届くという特徴があります。

ミノキシジルという成分の効果

アメリカ ミノキシジルはそもそも高血圧を治す薬としてアップジョン社(現在のファイザー社)が開発したものでした。ファイザー社はアメリカを拠点とする製薬会社です。
1960年代に開発されたため、今から約60年ほど前の話です。
ミノキシジルには血管を拡張させる作用があります。
そのため血管が狭くなってしまっている血液疾患や高血圧に苦しむ患者の血管を広げ、血液の流れをスムーズにすることができます。
それがなぜ育毛剤に使用されるようになったかというと、ミノキシジルを高血圧に効く薬として服用していた高血圧患者の全身の毛が濃くなったからです。
体毛が濃くなった患者の確率はほぼ100%で、医療関係者も驚きの結果でした。

ミノキシジルには服用薬と外用薬がある

ミノキシジルが使用された育毛剤が研究を重ね開発されていく中で、はじめは外用薬として直接頭皮に塗るタイプの薬が製造されました。
しかし人間の皮膚には外部から物質が侵入するのを防ぐバリアー機能があり、この機能のせいで十分に体内に吸収することができず発毛や育毛の効果を発揮することができませんでした。
そのため飲むタイプのタブレット状であるミノタブが製造販売され、薄毛に悩む人たちの間で話題となり効果も高いと人気を集めるようになったのです。
タブレット状であるミノタブは口から服用するため手軽に摂取することができるという点も人気の高い理由の一つです。

そんなミノキシジルという成分の効果は、細胞分裂を活性化させることによって毛髪を成長させるというものです。
ミノキシジルがダイレクトに毛母細胞に働きかけることによって、毛母の細胞分裂が活性化され、結果的に毛髪の成長を速める助けをします。
多毛症も副作用からも見られる発毛効果です。
発毛や育毛に必要な頭髪の育成にはこの細胞分裂が必要不可欠です。ミノキシジルは高血圧の治療のために開発されたと先述しましたが、高血圧の治療ということは血流をよくする働きがあります。
ミノキシジルを服用し、体内の血の流れを良くした上で、身体中の毛細血管から成分を吸収するとより効果的に乳頭に栄養を与えることができるのです。
栄養を十分に与えられた乳頭は、毛髪が成長しやすい環境となります。このような働きによって発毛、育毛にも高い効果を発揮するのです。

ミノキシジルはAGA治療に適している治療薬

以上のようなミノキシジルの成分をタブレットという手軽な方法で効果的に体内に取り入れ、頭髪に発毛や育毛の結果を出すには最低でも6ヶ月以上の継続的な服用が必要です。
即効性を求める人でも、根気良くミノキシジルの成分を摂取していくことによって効果を実感することができます。
多毛症を実感すると言う人は効いている証拠です。
ミノキシジルは特にAGAと呼ばれる「男性型脱毛症」における「頭頂部」に高い効果を発揮することで有名で、AGAに悩む男性にも愛用されていたり医師から薦められるケースもあります。その際には多毛症に関する説明があるでしょう、

ミノキシジルタブレットの気を付けるべき副作用って?

発毛や育毛に高い効果を発揮するミノキシジルタブレットですが、ミノタブを体内に摂取するため多毛症などの副作用に気をつけなければなりません。
ミノタブは口から摂取するタブレットであるため、成分が血管を通って身体中に行き渡ります。そのため髪の毛の毛根だけではなく全身の毛根にミノキシジルの成分が運ばれるということになります。
その結果、全身の毛が濃くなり、スネ毛や脇毛などのムダ毛が増えてしまうという多毛症の副作用があります。
それらの副作用によって今まで生えていなかった胸毛が生えるようになったという人もいます。
この毛が濃くなる「多毛症」の副作用症状はほぼ確実に起こるため、ミノタブを服用した際の最大の副作用とされています。
しかしこれだけ全身に毛を生えさせる多毛症の症状があるということは頭髪への高い効果は言うまでもありません。
多毛症の副作用が嫌でミノタブの服用をやめるか、少々身体の毛が濃くなったとしても頭髪を増やしたいので多毛症を我慢してタブレットを服用するか、どちらを選ぶかを決めるは自分自身です。

ミノキシジルには血圧を下げる作用もあるので注意

先述したようにミノキシジルはかつてアップジョン社(現在のファイザー社)によって高血圧の治療のために開発されたものです。
そのためもちろん血圧を低く下げる作用が一番大きなものであり、副作用の一つとして低血圧の症状が出ることを知っておかなければなりません。もともと低血圧であるという人はミノタブを摂取する際、特に副作用に注意が必要です。

低血圧を引き起こすことによって具体的には動悸やめまい、倦怠感や頭痛などの副作用が現れる場合があります。
しかし安心すべき点は、高血圧治療として使用するミノキシジルの分量に比べて、育毛を目的として使用する場合はミノキシジルの量が比較的少なくて済むという点です。
そのため、育毛を目的として使用するミノタブに含まれている5mg以下ではめったに血圧に関する副作用は出ません。
しかしタブレットを服用する人の体質や体調によって差があるので、体調の不調や副作用、異常な多毛症や違和感を感じたらすぐにミノタブの服用を中止して医師に相談する必要があります。
タブレットを服用する前に副作用が気になるという人は、AGAの専門医に直接話を聞いたり相談するとよいでしょう。飲み薬としてのミノタブは血圧を下げる効果があるので、もともと低血圧の人は注意が必要です。

ミノキシジルの主な副作用

多毛症や低血圧症状の他にもミノタブの副作用として報告されているのが体重増加、肝機能障害、性機能障害(ED)、手足や顔のしびれ、手足や顔の痛み、全身のむくみ、ニキビ、心臓への負担(動機、息切れ)、高カリウム血症、多臓器不全、意識障害などです。
このように挙げてみると飲み薬としてタブレットを服用することによる懸念される副作用が多いので不安に感じる人もいるかもしれませんが、私たちが日常生活の中で服用している飲み薬にもこのように多くの副作用が心配されています。
ミノキシジルタブレットを服用することによって引き起こされる副作用はあくまでその人によっての体質や持病などが関係する場合もあるため、心配に感じる人は少量から服用を始めてみるのもよいでしょう。

飲み薬じゃなく外用薬もあるが効きにくい

飲み薬タイプの育毛剤ミノキシジルは飲み薬であるタブレット状のものだけでなく、液体を頭皮に塗りつける外用薬も製造販売されています。
先述したように人間の身体には外部からの物質が体内に侵入するのを防ぐバリアー機能があります。
そのため頭皮の皮膚からではミノキシジルの成分を十分に吸収することができず、飲み薬のような発毛、育毛の効果を得ることが難しいのです。
これはいくら外用薬のミノキシジル成分を増やしてたとしても同じことです。飲み薬であるタブレットの副作用を心配して外用薬から始める人も少なくないですが、結果的に飲み薬タイプのタブレットに切り替えるという人も多いです。

外用薬のミノキシジルは、頭皮トラブルに悩む人もいます。液体タイプを断続的に頭皮に塗りつけることで、かゆみや湿疹などの副作用が現れる場合があります。
頭皮はとてもデリケートであるため、もともと皮膚が弱いという人は特に注意が必要です。タブレット状の飲み薬の場合は、成分が直接頭皮に触れることがないためこういった副作用の心配がなく安心です。
同じように頭皮のべとつき感が気になるという人も飲み薬のタブレット状であるミノタブならば全く関係ないので、服用を断念する理由がなくります。

発毛、育毛の効果を発揮する強さは内服>>>外用となっています。
内服できる飲み薬のほうが効果が高いのです。
飲み薬の場合は、口から摂取した成分が血管を通って全身の血流に乗り、頭皮の隅々まで届くため、強力な育毛作用と発毛作用を発揮してくれます。
飲み薬であるミノタブは発毛剤として認可されていないという事実があります。しかし、現存する治療薬の中では最も発毛効果や育毛効果が高いもののひとつであると説明する医師も多くその飲み薬としての効果はクチコミによって広く伝わっています。

ミノタブの服用について

そんなミノタブの効果的な飲み方は、まず夜に一日5mg以下から始めてみることです。
自分の体質との相性や、多毛症などの副作用とのバランスを様子を見ながら服用することができるので安心です。
そして同じ量の服用を最低でも3週間は続けることが大切です。毛髪が生まれ変わる周期は約28日間とされているのがこの理由で、発毛や育毛の効果が実感できないと感じていても実は頭皮の奥で毛髪が成長している場合があります。
そのため多毛症などの副作用も含め自己判断で使用を中止してしまうと、せっかくの育毛効果や発毛効果を得ることができずもったいない結果に終わってしまいます。
身体に異常がなければ、飲み薬を夜だけでなく朝も服用するなどして量を徐々に増やしていくと良いです。
飲み薬であるタブレットの量を増やしていくのは2週間以降が効果的です。
1日の上限摂取量は10mgなので、飲み薬の過剰摂取には注意しましょう。

ミノタブは一般的な飲み薬と同じで水と一緒に飲むのが基本です。
タブレットを飲み薬として服用し続け、発毛や育毛の効果を実感できるようになってきたらミノタブの量を徐々に減らしていきます。
タブレットの量を徐々に減らし身体への負担を少なくしていくとよいでしょう。
さらに喫煙は血管を収縮させる働きがあるため、禁煙した方がよりミノタブの効果を得ることができます

医学的に「生やす」効果が認められているミノキシジル

昨今の医療技術の進歩によって、発毛効果や育毛効果がきちんと医学的な臨床結果によって認められている育毛剤が多く出回るようになりその種類も多数です。
現在の日本において、発毛効果と育毛効果が実際にあると公式に認められている医薬成分は2種類あり、その成分は「ミノキシジル」と「フィナステリド」の2つです。
この2つの成分以外は医薬品としての発毛効果は効果がないとされていて、この二つの成分の効き方の違いはそれぞれのメカニズムにあります。
ミノキシジルは多毛症が発見される中で発毛効果も発見されました。
それぞれの成分を活用したタブレットも多く発売されています。

多毛症に見られるようなミノキシジルの発毛効果は先述したとおりですが、とにかく血流をアップさせることによって頭髪を育てるのに大切な毛母細胞にダイレクトにアプローチし細胞分裂を促します。
これらの効果が結果的に頭髪の成長、発毛を速めるというわけです。生えるまでに至らなかった毛根や、細く弱くなっていた髪の毛を太くし、長く成長させる効果があり結果的に多毛症として全身の毛を濃くします。
多毛症は懸念されつつも壮年性脱毛症における発毛にも効果が期待されているのです。
副作用として最も大きなものは多毛症です。この副作用はほぼ100%の確率で現れるため、多毛症によって全身の毛が濃くなります。

フィナステリドとミノキシジルの違い

同じように医学的に発毛効果と育毛効果が認められている「フィナステリド」の効果は、脱毛の原因となる男性ホルモンの分泌を抑制するというものです。
フィナステリトにはミノキシジルのように髪の毛を生やす発毛効果はや多毛症の症状はないという特徴があり飲み薬として摂取してもその効果を発揮しません。
多毛症以外の副作用は同じように存在しますが脱毛の原因となる物質の働きを抑えることによって、本来の髪の成長スピードに戻すという働きがあります。
このように、発毛効果や使い勝手、タブレット状の飲み薬としての効果などを考慮するとフィナステリドよりもミノキシジルの方が良いという声が多いです。

フィナステリドとミノキシジルの購入について

ちなみにミノキシジルが配合されている発毛剤やタブレット状の飲み薬はお店で買うことができますが、一方のフィナステリドは基本的には病院で処方してもらわないと手に入れることができません。
さらにフィナステリドを飲み薬として服用するには医師の診察が必要とされていて、その分の費用もミノキシジルより余分にかかってしまいます。
フィナステリドを飲み薬として服用し続けるには毎月の通院が必要であるため診療費も含めると10,000円前後かかり、同じように発毛効果が得られるのであれば、病院に行く手間と費用のことも考えてミノキシジルを選ぶ人が多いです。

ミノキシジル含有の飲み薬であるミノタブは店頭で手軽に買うことができるため、フィナステリドのように受診は必要ないと先述しました。
しかし心疾患などの持病を持っていて副作用が気になる人や、ミノタブを服用することによる薬の飲み合わせが心配な人、多毛症について知りたい人は受診し医師に相談すると良いです。
飲み薬としてミノタブを服用することによる多毛症などの副作用を最低限におさえることができます。